Frontier Lights 100’s Box を吸ってみた

Frontier Lights 100s BoxInclude the following / 抽烟印象・喫煙の感想 / Smoking impressions / Табачные впечатлени

 ライトなのにTar1mgというチグハグな煙草はフロンティアのTar1mgで100’sシガレット。

 「フロンティア・ライト・100’s・ボックス」を吸ってみた。

 チョコレート系のフレーバーという内容が有名なフロンティア。ライトと銘打つのにTar1mgという仕様のフロンティア・ライトの100’sシガレットバージョンなのですが、低タールをウリにデビューしたオリジナルのフロンティアが既にTar3mgという実質として超ライト仕様であったため、要はTar3mgのフロンティアよりライトだから「フロンティア・ライト」ということ。

 恐らくは、フロンティアというブランドそのものがTar1mgという下限カテゴリーの先駆けであったこともあり、その背景から察するにTar1mgというカテゴリーが普及していなかったことも一因なのでしょうね。

 ちなみに、他のブランドでもTar1mgという仕様が普及したことにより需要が分散してしまった感もあるフロンティア・ライトですが、それでもキングサイズの方は人気を保っている方だったりします。

 しかし、この100’sの方は人気どころか「知られてすらいないのではないか」という思うくらいにマイナーな煙草だったりもするのです。フロンティアというブランドそのものは多くに親しまれる有名なものですが、そこに100’sシガレットがラインナップされていることを知っているのであれば、相当にマニアックかと。

Frontier Lights 100s Box Frontier Lights 100s Box

 発売当初よりのデザインも「Frontier」という言葉の似合うデザインでしたが、こちらのリニューアルデザインは違う意味の「Frontier」を思わせるデザインですね。賛否は・・・、否の方が多いでしょう。


喫煙の感想・味・香り

 この煙草は、同じチョコレート系フレーバーという謳い文句でも、ラークやキャビンなんかとは異なる、非常に穏やかで芯の無い喫味が特徴となっているのです。優しい心は多分に感じるけれど、確かな芯は無いといったような感じなのです。

 そのチョコレート系というフレーバーに関しても、チョコレートというよりはココアパウダーやホエイパウダーなんかでチョコレートっぽく仕上げた菓子のような薄ら甘い喫味で、かなり口当たりの柔らかいマイルド一辺倒なものとなっています。いわゆる「菓子」というやつで、日本では「チョコレート」と記載してはいけないような菓子の類のような喫味ですね。これらの味わいに100’sシガレットという長めのフィルターが相まってか、かなり薄口に思える味わいとなっているのです。

 また、質感としては、似たようなところで例えると、キャスターよりも芯のない「ふんわり」というか「ぼんやり」とした喫味に思えます。

 味わいが穏やか過ぎるために物足りなさを覚えることも少なくはなく、少しはキレや苦味があればアクセントになったのかも知れませんが、そうすると個性が薄らいでしまうという、何とも評価しにくい煙草なのでした。


Tar1mg Nicotine0.1mg
Strictly Not Take. Don’t smoke until you are 20 years old.lol

▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「JT Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る