Lark Hybrid Selection 6mg 100 Box を吸ってみた

Lark Hybrid Selection 6mg 100 BoxInclude the following / 抽烟印象・喫煙の感想 / Smoking impressions / Табачные впечатлени

少し安めの価格にて販売されているスーパースリムなラークのハイブリッド仕様。

「ラーク・ハイブリッド・セレクション・6・100’s・ボックス」を吸ってみた。

安めな価格の極細巻きなスーパースリムシガレットという、まるでケントのナノテックシリーズに倣ったかのような特徴を併せ持つ、ラークのセレクションシリーズはハイブリッド仕様のTar6mg。

何が「ハイブリッド」なのかと言うと、要はフィルターに仕込まれたメンソールカプセルを潰すとメンソールシガレットに早変わりしますよ、と言うこと。

カプセルを潰さないとノンメンソールなシガレットとして楽しめて、カプセルを潰すとメンソールシガレットとして楽しめるから「ハイブリッド」なのです。

これは、先に通常の巻きのキングサイズにて発売されているハイブリッドシリーズと同じ内容ですね。

ちなみに、この「セレクション」と冠されたシリーズは、価格を抑えたラークのスーパースリムシガレット銘柄でラインナップが構成されていて、この煙草の他にも同じくハイブリッド仕様でTar1mgの煙草と、ラークのアイスミントに倣ったTar1mgがラインナップされているのですが、雰囲気と最近の流れから察するに「廉価版」のような印象を与える売り方がされているように思えます。

廉価版のような特性の製品に「セレクション」なんて良さげな銘を打ってしまうあたり、何だかギターやベースの売り方に通ずるものを感じてしまいますね。

そう言えば、このラークのセレクションシリーズは、初めてスーパースリムシガレットでカプセルを搭載した銘柄とのこと。

Lark Hybrid Selection 6mg 100 Box Lark Hybrid Selection 6mg 100 Box

Lark Hybrid Selection 6mg 100 Boxスーパースリムで100’sというシガレットのパッケージは、ケントのナノテックやメビウスのスタイルプラスと同じくカマボコ型の薄型パッケージとなっています。

ここ最近の外国スーパースリムに多い少し安めの価格ながら、テクスチャーなど中々に凝った感じが好印象。

スーパースリムでカプセル入りが初とのことですが、100’sスーパースリムでカマボコ型というのも今のところ珍しい仕様ですね。

Lark Hybrid Selection 6mg 100 Box Lark Hybrid Selection 6mg 100 Box

多くのスーパースリム製品と同じく、極細のシガレットが1列10本で計二列の配置の収納。

フィルターチップはハイブリッドシリーズに倣ったものとなっていますが、表面積の狭い極細ゆえにブランドネームなどは縦書き配置となっているのです。

また、ブラックハイブリッドなどと同じくモノトーンを基調に仕上げられたデザインではあるものの、カプセルマークには青色という差し色が使われているため、そのブラックハイブリッドとは違い「素っ気の無い感じ」はありません。

仕掛けのレイアウトとしては、最近の多くの新手なカプセル入りシガレットとは逆の配置となる「空気穴の奥にカプセルが配されているタイプ」となっていて、その空気穴は小さめが一列の配置。

メンソールシガレットという一面も持ち合わせている煙草ではありますが、フィルターにはチャコールフィルターが使用されているため、他のハイブリッドシリーズと同じように、あくまで基本はノンメンソールシガレットというスタンスを何となく察することが出来ますね。


喫煙の感想・味・香り

この煙草は、基本的には通常の巻きのハイブリッドと同じような味わいの煙草となっているのです。

まず、カプセルを潰さないでノンメンソールなシガレットとして楽しむ場合ですが、まろーんとした独特の質感と甘味が効いた、何ともラークらしい味わいが楽しめます。

吸い口の細いスーパースリムシガレットながら、フルフレーバーと謳う赤ラークと比べると空気量が多いためか、妙な塊感や重厚感も程好く薄らぎ、吸い易さを持ち合わせているために親しみ易さを覚えますね。

そのわりに、スーパースリムという仕様によるのか、煙に広がりこそ無いものの、通常の巻きのTar6mgよりボディ感がハッキリとしているため、それと比べると「ラークらしさ」が生きているとも思えます。

何だか、いいとこ取りなのです。

ただ、極細巻きなスーパースリムによるものなのかも知れませんが、ややヤニっぽいタール感が強いような気もするため、吸い方には少し気を使う感じかな。

クールスモーキングを心掛けたくなる感じは、最近の優秀なシガレットに慣れてしまうと、少しの煩わしさは否めません。

そして、カプセルを潰してメンソールフレーバーに切り換えて吸ってみると、やはり先にキングサイズにて発売されているTar6mgののハイブリッドと同じように、メンソールと言うよりも「爽やかなスペアミントを添えた」と言った程度にメンソールフレーバーが加わる感じの喫味に変化します。

あまりメンソールに傾倒せず、カプセルを潰さない時の味わいをベースに、同銘柄のミントスプラッシュに似た爽やかで甘味が心地の良い特徴的なメンソールの味わいが付加される感じなので、どちらかと言うとノンメンソールなテイストに近い味わいとなっているのです。

特にスースーするような清涼感や刺激感も無く、あくまで香りを添えるに徹したメンソール感ですね。

ラークのミントスプラッシュやクールのミックスのメンソールフレーバーが好みであれば、スタンダードなラークらしさを際立たせて、程好く隠し味的に同系統のメンソールフレーバーが楽しめるため、ちょうど良いと感じる方も多いのではないでしょうか。

総じて、カプセルを潰しても過度にメンソールが顔を出すというわけでもないという辺りなど、基本的に通常の巻きのTar6mgのハイブリッドとの共通点が多く似通っていますし、そんな感じなので「切り換えて使う」ということも無く、私的にはカプセルは潰して吸ってナンボな感じも同じく。

だって、カプセルを潰してもベースのラークらしいテイストは薄らぐことも無く存分に楽しめますし、程好く添えられたスペアミント感が良いアクセントとなっているのですから。

通常の巻きのハイブリッドでは少しボディ感に「ボヤけ」を感じて不満に思う方なんかは、こちらのセレクションを選ぶと良いかも知れません。

あとは余談なのですが、この煙草は何箱ほど買ったかは覚えていないものの意外と気に入っていて出かけ先で煙草を不携帯だった時とかに購入することも多いのですが、その内の一箱はカプセルが破損していたようで、ものすごく「紫蘇」みたいな香りが全てのシガレットに移り香していました。

その前では、キングサイズの方のハイブリッドでも同じことがあったのですよね。

ちょっと思うのですが、ここ最近のフィリップモリス製品って、何だかパッケージのデザインそのものの質感は向上しているものの、肝心なパッケージングのクオリティの方が非常に低下しているように思えるのですよね。

Lark_Hybrid_Selection_6_100s_Box_07c外装破損品とか出くわす時は決まってフィリップモリス製品ですし、この前なんかパーラメントのビニール包装の内側に画像の通りの得体が知れない煙草の封緘紙が混入していたりしましたから。

やはり何かが低品質化しているようにしか思えないのですよ。


Tar6mg Nicotine0.5mg
Strictly Not Take. Don’t smoke until you are 20 years old.lol

▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「PM Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る