Lark Tropical Mix Menthol 5mg KS Box 10’s を吸ってみた

Lark Tropical Mix Menthol 5mg Box 10sInclude the following / 抽烟印象・喫煙の感想 / Smoking impressions / Табачные впечатлени

トロピカル・アイスに続いてラークにラインナップされたトロピカル・ミックスのTar5mgは10本詰めの「お試し版」。

「ラーク・トロピカル・ミックス・メンソール・5mg・KS・ボックス・10’s」を吸ってみた。

最近の流行りである「フレーバーカプセル入りメンソールシガレット」として、先に発売して好評なラークのトロピカル・アイスに続くように発売された「トロピカル・ミックス」という銘柄。

タールバリエーションなどの展開はトロピカル・アイスと同じく、このTar5mgと100’sシガレットのTar1mgがラインナップされていますが、銘柄名とマッチした分かりやすいカラーリングのパッケージであるトロピカル・アイスとは違い、このトロピカル・アイスは中々に見てくれだけでは得体の知れない感じとなっていますね。

銘柄名と共にマンゴーやパイナップルを連想させるトロピカル・アイスから倣うに「スイカ」のようなイメージのトロピカル・ミックスですが、先に述べてしまうと、内容にスイカのような要素は全くありませんので、あしからず。

ちなみに、この銘柄もフュージョン・ブラストやトロピカル・アイスといった最近の同社の新製品などに倣って、20本詰めの本製品と同時に「10本詰め」のトライアルパッケージが発売されていて、この記事で取り扱うのは10本詰めの方となります。

入り本数とパッケージが異なるのみで、シガレットは20本詰めの本製品と同じとのことです。

Lark Tropical Mix Menthol 5mg KS Box 10s Lark Tropical Mix Menthol 5mg KS Box 10s

どう見てもスイカにしか見えないパッケージデザインは、光沢感の溢れるジャングルチックな感じ。

トロピカル・アイスと違って、金運アップな感じはしませんね。

Lark Tropical Mix Menthol 5mg KS Box 10s Lark Tropical Mix Menthol 5mg KS Box 10s

パッケージのサイズ感としては、ホープやピースといったJTの10本詰め製品の箱がキングサイズ相当に長くなったような感じ。

このミニチュア感は、妙に良い感じ。

Lark Tropical Mix Menthol 5mg KS Box 10sカプセルや空気穴の配置はトロピカル・アイスのTar5mgと同じような感じとなっているのです。

ただ、デザインに関してはパステルチックな印象だったトロピカル・アイスとは同じようで異なる印象のフィルターチップとなっています。

何と言うのか、パッケージのデザインもシガレットのデザインも、トロピカル・アイスと比べるとエネルギッシュと言うのか、何だかインプレッションが「濃い」と言った感じですよね、全体的に。


喫煙の感想・味・香り

この煙草は、ここに来てバランス重視なフレーバー系メンソールシガレットなのか、と言った印象の煙草となっています。

まず、シガレットの香りなのですが、この香りは先に発売された姉妹銘柄のような存在でもあるトロピカル・アイスの南国果実のような甘さに一辺倒であった香りとは明らかに異なり、酸っぱくて瑞々しい独特な印象の香りとなっているのです。

また、この喫煙前の感覚ではフレーバーの加減もトロピカル・アイスと比べて控え目な印象となっています。

どちらにせよ、メンソールシガレットらしい香りでないことは相変わらずなのですが、中々にトロピカル・アイスとは差異を感じる香りであり非常に特徴的。

喫味の方も、甘いフレーバーに一辺倒な味わいであったトロピカル・アイスの経験から予想していたよりはフレーバーが抑えられている印象で、比較的スタンダードなメンソールシガレットらしさを併せ持つフレーバー系メンソールシガレットといった感じの喫味となっているのです。

比べて控え目な甘さとともに、ほろ苦さが何とも心地の良い、なるほど「AROMA MIX」と言った添えられるような程度に留められているフルーティーなフレーバー感が絶妙の煙草。

メンソールシガレットらしい苦味と青臭さを効かせた王道なテイストをベースに、トロピカル・アイスとも通ずるフワッとした柔らかく甘い香りを緩衝材にし、トップに独特な酸味を含む酸っぱいフレッシュフルーツのようなフレーバーがアクセントとして控え目に添えられている様は、三層とも全てが分離していてハッキリと感じられるのですが、それぞれが絶妙な塩梅に仕上げられているため、調和のとれた非常に一体感のある味わいとなっています。

フレーバーカプセル入りのメンソールシガレットということもあり、どうしてもフレーバー感がスポットされがちに思える煙草ではありますが、いざ喫してみれば、この煙草で感じられるトロピカル・アイスではスポイルされていた「メンソールシガレットらしいベーステイスト」こそが肝に思え、支配的なフレーバーがメインであったトロピカル・アイスとは真逆の「フレーバーをアクセントとして添えるタイプの煙草」であることが分かる感じなのです。

フレーバー系のメンソールシガレットとしても楽しめながら、王道なメンソールシガレットとしても楽しむことが出来るという、非常に器用な仕上がり。

ベースのテイストが分かりやすく磐石なので、甘酸っぱいフレーバーと共に相反するような香ばしさすら覚えたまりします。

甘さのキャラクターなんかに少しの共通点も見受けられるトロピカル・アイスとは、一見のキャラクターこそ似ていながら、その実は中々にベクトルの異なる様を体感するような煙草となっていますね。

トロピカル・アイスに苦手を覚えた私でも、この煙草は非常に気に入っていたりします。

ちなみに、カプセルを潰さないで吸うと、ややフレーバーは含むものの紙臭さが目立ち、比べて全体的にトーンダウンした輪郭のハッキリとしない微妙な喫味となるため、カプセルを潰さないことによりフレーバー感を調整することが出来たトロピカル・アイスとは違い、基本的にカプセルは潰して吸った方が良さそうです。

最近のフィリップモリスのフレーバー系メンソールシガレットの中では、わりと万人向けなスタンダードさを持ち合わせた味わいの煙草となっているため、私のように待ってましたな方も多そうな煙草なのでした。

一連流れや発売のタイミング的にも、メーカーの「ブッ飛んだものが性分に合わなかった」と言わんばかりな印象は否めませんが、行き着くところとしては非常に良い結果の煙草となったのではないでしょうか。


Tar5mg Nicotine0.4mg
Strictly Not Take. Don’t smoke until you are 20 years old.lol

▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「PM Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る