MEVIUS Premium Menthol Option Purple 8 を吸ってみた

[✓] Include the following : Smoking impression

 概要:紙巻「メビウス・プレミアムメンソール・オプション・パープル・8」の喫煙感想



 奇抜なフレーバーと強メンソールの組み合わせで新たな時流を生んだ煙草。紙巻「メビウス・プレミアムメンソール・オプション・パープル・8」を吸ってみた。


 このメビウスのプレミアムメンソールのオプションというシリーズは、プレミアムメンソールの強メンソール仕様とフレーバーカプセルによる個性的なフレーバーを組み合わせたラインナップですね。そのオプションシリーズの元祖とも言えるものが、このパープルというラインナップなのです。

 ちなみに、このパープルはオプションシリーズの元祖ということもあり、しばらくは後に続くイエローやレッドのようなカラーネームを冠してはいませんでした。しかしながら、シリーズが拡充されていく手前でイエローやレッドなどのように「パープル」とカラーネームを冠する銘柄へ名称変更されたのですね。

 それまでは、多くの方が「オプションの紫のやつ」などと比較呼称していたのではないでしょうか。

 また、フレーバーとしては「華やかに香る」という謳い文句のみで詳しく何とはメーカーも案内していませんが、実際にはブルーベリーを思わせるフレーバーを楽しむことが出来ます。それと併せて、同じくオプションのイエローで謳われていた「喫煙後に後味が残りにくい」という特徴も、現在では全てのプレミアムメンソールのオプションシリーズに適用されているようです。

 何はともあれ、カプセルはメンソールの付与に充てられるばかりであったところが、香りを付与するという用途に用いられたのはメジャーブランドではオプション・パープルが初ではないでしょうか。似たようなところだと、少し前にピアニッシモよりヴィヴがリリースされましたが、あちらはあちらで「カプセルを潰すと後味すっきり」という機能性を主に謳っていましたからね。



 発売後から地味なデザイン変更は数回ほど行っているようですが、おおよそのデザインは変更も無い様子ですね。ただのオプションの頃とは違い「OPTION PURPLE」とカラーネームが加えられたことが大きな変化といったところでしょうか。

 よくよく考えてみれば、フレーバー云々も然る事ながら、発売当初はパープル基調のパッケージというのも中々に斬新な印象でしたよね。今ではパープル基調のものは全てオプション・パープルの後追いと言っても過言ではないですから。それだけ市場に与えた影響は大きな煙草ということなのです。



 プレミアム・メンソールの派生シリーズということで、中包装紙には「天然メンソール100%使用。」という製品特性が記されています。強メンソールのブームに終止符を打ったのもプレミアム・メンソールでしたが、その次代にフレーバーカプセルをブームにしたのもプレミアム・メンソールですよね。

 メビウスというブランドであるために目立たないところではありますが、中々に凄いシリーズかも知れません。

 ところで、天然ではないメンソールを使用しているブランドって、あるのですかね。



 フィルターチップのデザインも、おおよそゲテモノとは思わせないメビウスらしいものですね。

 ちなみに、この煙草がリリースされるまでは、特に他社製品においてカプセルはフィルターの中央にレイアウトすることが主流であったように思います。その中で極口元側にカプセルをレイアウトしたオプションシリーズは、中々に新鮮な印象でしたね。これはJTの特徴とも言えると思います。

 その都合か、カプセルが空気穴の後段という配置も特徴的に思えますね。かなりカプセルの効果の最大化に重きを置くデザインにも思えるのです。

 これが日和見主義であったなら、とりあえず逆の配置にして当たり障りの無い適当にマイルドな効果を狙うような気もしますからね。かなり思いきりの良い煙草として世に放たれたのだなと思うのです。


[✓] 喫煙の感想・味・香り

 この煙草は、流行が落ち着いたとしても、色褪せない奇抜な個性に陰りは無しといった印象の煙草となっているのです。

 まず、シガレットの香りですが、この時点では特に奇抜な香りというのも感じないかと思われます。発売当初より「香りチェンジカプセル」と銘打たれていることもあり、フレーバーはカプセルに依存していると捉えて良いでしょう。

 そして、カプセルを潰して楽しむ喫味の方ですが、強メンソールのブームに終止符を打ったプレミアムメンソールらしく、やはりメンソールの清涼感は非常に強めです。そして、その強烈なメンソールの清涼感に負けじと、これまた強烈なブルーベリーヨーグルトを思わせるフレーバーが攻めてきますね。

 何と言うのか、これは相乗効果というよりもダブルパンチのような感じなのです。交互にジャブを繰り出すのではなく、守りを捨て、両の手で同時にストレートパンチするような感じなのです。

 そう、スペクターボクシングでありがちな、あれなのです。

 それでいて、喫煙後の後味は非常にスッキリとしています。あれだけのものを呈しておきながら、立つ鳥跡を濁さずといったように引き際をわきまえているような仕上がりは妙に感心してしまうところですね。

 また、カプセルを潰さないと何だか寝ぼけ眼のプレミアム・メンソールといった感じです。それでも十分にメンソール感の強い味わいではあるのですが、ややボヤっとした甘みのプレミアム・メンソールの下位互換のような印象ですね。

 あと、紫煙の香りも非常に独特です。分かる方は「あ、オプション・パープルの香りだ。」と気が付くことでしょう。フレーバーと同様の印象の香りが紫煙にも現れているといったところで、他のイエローやレッドと比べても紫煙の香りは特徴的と思えるのです。

 正直なところ、好き嫌いに大きく賛否両論するだろう煙草であることは間違いありません。その好き嫌いもイエローやレッドより明確に分かれそうですね。JTの煙草らしいと言うのか、何気なく市民権を得てはいますが、かなり独創的な煙草なのですから。

 総じて、この煙草がベストマッチという方は、新大陸を発見したコロンブスのごとく自身の喫煙文化も大きく進捗するのでしょうけれど、それと同時に、おおよそ他では充てがえない巨大な十字架を背負うことにもなりそうですね。

 それほどまでに、破天荒で、未だに追従者も容易しと個性に陰りを見せない煙草なのです。

  ただ、何よりも特徴は強烈なメンソールの清涼感と、それよりも強烈なカプセルのフレーバーと言えるでしょう。今でこそフレーバーカプセル搭載のメンソールシガレットは各社とも数を増やしましたが、その流れはオプション・パープルを皮切りにということもあり非常に鮮烈な印象の煙草でしたから。

 正直なところ、まるで前例も突拍子も無いキャラクターの煙草をJTがリリースした当時は、多くの方が「え?何これ?」と思ったはずです。さらには手堅い印象のメビウスというブランドからリリースされましたから、この破天荒なキャラクターは本当に鮮烈の他ありませんでしたからね。

 しかし、その後の流れを知る限り、世は求めていたということも一目瞭然でしょう。

 ちなみに、この破天荒さは生みの親であるJTも理解しているのか、オプションシリーズはイエローやレッドと続きますが、その度に丸くなっていきますからね。そのレッドに至っては「オプションは喫味が奇抜すぎる」ということでメンソールもフレーバーもトーンダウンさせているとのことですから。

 もはや、親の手にも負えず人気者となってしまった、かなり稀有な煙草のように思えるのでした。

 コーヒーなどには合いにくいとは思いますが、むしろ単体で十二分に楽しめる喫味なので、他に余計なものは一切いらないのかも知れませんね。

 それは発想を変えれば、すでに余計なものがテンコモリとも言えます。
 

Nutrition Facts
Serving Size: 1 Cigarette
Tar8mg Nicotine0.7mg
Strictly No Taking. Don't smoke until you are 20 years old.lol


▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「JT Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る