Natural American Spirit Gold を吸ってみた

Natural American Spirit Gold

Include the following / 抽烟印象・喫煙の感想 / Smoking impressions / Табачные впечатлени

 オーガニックシリーズへ新たに加わったライト仕様。

 「ナチュラル・アメリカン・スピリット・ゴールド」を吸ってみた。

 巻かれる葉に対する一切の添加物を使用しない「無添加たばこ」の大御所でもあるアメリカンスピリットで、葉の栽培時から農薬も添加しないという手間を掛けたシリーズが「オーガニックシリーズ」です。逆説的に言えば、スタンダードなアメリカンスピリットは葉の栽培時に農薬を添加しているということですね。以前はマルーンカラーのオーガニックのみのラインナップでしたが、シリーズとしてリニューアルに伴い新たに追加されたライト仕様の煙草なのです。

 ちなみに、銘柄名には「ゴールド」と冠されるのみですがTar6mgとなっています。

 もちろん、その他の「煙草葉25%増量」などといったアメリカンスピリットの特徴は踏襲されているはずなので、無添加仕様による燃焼促進剤の無添加と相まって「燃えるのが遅い」といった特徴も兼ね揃えていると思われます。これに関して何故に曖昧な物言いなのかというと、このゴールドはパッケージサイドの能書きにアメリカンスピリットでは見慣れた「煙草葉25%増量」の表記が無いためです。ただし、実際には確かに燃え方は遅めですし、最近になってデザインされているパッケージ背面の能書きのバリエーションに「煙草葉25%増量」の件もあるので、パッケージサイドでは表記が省かれたのだと察します。

 アメリカンスピリットのパッケージサイドの能書きは添削を繰り返しているようなので、あまり気にすることでも無さそうですが、妙に怪しい雰囲気は漂わせていますね。

Natural American Spirit Gold Natural American Spirit Gold

 新オーガニックシリーズは他のアメリカンスピリットと同じようで微妙に異なるパッケージデザインとなっていて、分かりやすいところでは天面のデザインが少し異なります。このゴールドのカラーリングは「ひまわり」をイメージしたカラーであるとのことですが、既存のライトと大差が無いために、少し紛らわしいパッケージとなってしまっていますよね。意図的にライトバリエーションとして色味を揃えたのかも知れませんが、もしかすると、消灯・・・。ライトを消すための伏線だったりするのかな?

Natural American Spirit Gold Natural American Spirit Gold

Natural American Spirit Gold 昔からのアメスピ名物でもあるボックスサイドの能書きと、アメリカンスピリット全ボックス化計画が完遂された後に記載されるようになった背面の長文な広告。これが「#21 オーガニック、そして無添加」ということは、相当なバリエーションが用意されているようですね。限定的な仕様ではなく、恒久的なものであるようです。

 ところで、TPPは米国が国内で売れなくなったノンオーガニック(遺伝子組換え)な製品をアジアで売りさばきたいから早期締結したいという話って本当なのですか?

 得体の知れない複雑さに米国陰謀論が渦巻くTPPですが、私はTPPの公式文書や政府訳を読んだわけでもなんでもないので詳しくは知らない上で、今の米国がアジアに自国よりも大きいメリットを与えるなんて微塵も思えない自分もいながら、その反面で具眼の士とも言えるマッカーサーのような人物が過去のアメリカには存在したという点に信じたい自分もいるという。結局のところ、よく分からんよね、TPPに渦巻く思惑って。

Natural American Spirit Gold 中包装紙は今までの銀紙ではなく、最近になって徐々に普及し始めている特殊な紙となっています。従来の銀紙と同等程度の機能を有しながら、その銀紙よりも製造エネルギーを抑えることが出来るとして注目されているとかなんとか。その名称は「ペーパーインナーライナー」というものらしいのです。

Natural American Spirit Gold アメリカンスピリットとしては新手なTar6mgのゴールドですが、フィルターチップはライトと同様にコルク柄のものが採用されているのです。アメリカンスピリットは、シガレットの外観だけでは銘柄の詳細は分かり難いものとなっていますよね。私的にアメリカンスピリットはコルク柄のチップの方が良いと思います。

 空気穴は小さめが間隔を狭めに1列で配され、シガレットの外観こそアメリカンスピリットらしく相変わらずのものとなっていますが、細かくは旧オーガニックと異なりチャコールフィルターを使用しているため、内容も相変わらずのアメリカンスピリットに落ち着いた感じですね。

喫煙の感想・味・香り

 この煙草は、平坦に淡白が続くような味わいが特徴的なアメリカンスピリットの中でも、最もバランスの良い味わいの煙草に仕上げられているような感じとなっているのです。

 まず、シガレットの香りは、わずかにと言う程度ですが煙草らしい甘さを含む干し草のような香りとなっています。とても控え目ながら何とも良い香りではあるものの、いくら香料無添加とは言え控え目すぎる気もするのは、正にアメリカンスピリットらしさでもありますね。素朴と言う以外に何でもない香り。

 ただ、オーガニックではないノンメンソールのアメリカンスピリットと比べると、甘さが一歩くらい前に出た香りと感じるため、そこそこ印象は良い感じでしょうか。

 喫味の方は、昔のマルーンカラーのオーガニックを喫したときに感じたノンオーガニックのアメリカンスピリットとの差異を同じように感じる味わいかな。オーガニックシリーズでは新たな「ライト仕様」であるため、それなりに味わいもライト化されているのですが、やはりノンオーガニックのアメリカンスピリットよりも味わいにメリハリが付加されている感じですね。煙が濃いばかりでボディ感の薄い淡白に傾倒したノンオーガニックのアメリカンスピリットとは異なり、そこそこにパンチのあるボディ感となっているため、それなりに分かりやすい味わいとなっているとは思います。

 それでいて、ピリ辛な味わいが印象的だったマルーンカラーのオーガニックの喫味のイメージとも少し異なりを見せています。このゴールドは空気を程好く含ませるライト化によるのか「甘味」も強めに感じられる味わいとなっていますね。相対的に辛味は失せている印象なのです。昔のオーガニックよりバランスの良さを感じる味わいでありながら、アメリカンスピリットらしくない味わいの豊かさも感じられる煙草なので、このゴールドは中々に良い感じ。

また、優しく香り高い味わいの吸い初めとボディのパンチが増す吸い終わりの方では中々に喫味の変化を楽しめますし、アメリカンスピリットにしては起伏のある味わいも印象的。どちらも、決して嫌なものではないですしね。燃焼促進剤無添加による火種の弱さも大して気になりませんし、それこそ先の通りに比べてメリハリのある味わいであるため長い燃焼時間も嫌には思いません。

 私的には、うすら気味の悪い味わいのアメリカンスピリットは嗜好品として好かない銘柄なのですが、このゴールドを含め、まだオーガニックシリーズは味わいに豊かさを感じやすいので妥協で認めることが出来ます。ただ、やはりアメリカンスピリットはメンソールライトこそがベストだと思うに覆ることもありません。

 オーガニックシリーズが価格改訂やバリエーションの追加などとリニューアルされ、ノンオーガニックのアメリカンスピリットと大差の無いラインナップとなった今では、明らかにオーガニックシリーズの方が買いだと私的には思えるのでした。マールボロやラッキーストライクにJPSなんかが好みなら、このオーガニックシリーズはマッチするかも知れませんよ。Tar6mgにしては吸い応えも高めです。

 総じて、ライトクラス以下から途端に味わいの浅さが目立つに悪印象なアメリカンスピリットですが、このゴールドはライトなアメリカンスピリットなのに中々に味わい甲斐があります。水色のレギュラーは消え去りましたし、ウルトラライトは今のところオーガニックシリーズとタールバリエーションのブッキングも無いため存在価値も一方のために安泰ですが、ライトは微妙な立ち振舞いを余儀なくされるのではと思えるほどです。

 パッケージカラーも似てるし、もはやライトも以前のレギュラーと同じ扱いとなってしまいそうなのでした。

Nutrition Facts
Serving Size: 1 Cigarette
Tar6mg Nicotine0.7mg
Strictly No Taking. Don’t smoke until you are 20 years old.lol


▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「OTHER Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る