Che One Menthol を吸ってみた

Che One Menthol

Include the following / 抽烟印象・喫煙の感想 / Smoking impressions / Табачные впечатлени

 チェにもラインナップされているTar1mgのメンソールシガレット。

 「チェ・ワン・メンソール」を吸ってみた。

 刻みに添加物を使用しない「無添加煙草」という流行りのジャンルに属する「チェ」というブランドは、パッケージに大きく配されたチェ・ゲバラの肖像による見た目のインパクトも然ることながら、刻みにキューバリーフをブレンドしていることでも有名なブランドですね。同じく無添加煙草の大御所である「アメリカンスピリット」のメンソールシガレットとは異なり、このチェのメンソールシガレットは煙草葉そのものにもメンソールを添加しているため、厳密には無添加煙草とは謳っていないようです。それでもメンソール以外の添加物は使用していないので、言うなら「無添加煙草にメンソールを加えました」と言ったところでしょうか。

 ということで、そのアメリカンスピリットのメンソールシガレットよりも強いメンソール感が特徴の無添加系メンソールシガレットとなっているのです。

Che One MentholChe One Menthol

 大きくチェ・ゲバラの肖像画デザインされたパッケージもノンメンソールのラインナップとは少しだけ表示が異なり、厳密な無添加仕様ではないために「Natural」の表示が「Menthol」へ変えられていたりします。もはや無添加系では定番とも言えるパッケージサイドの製品案内でも「ナチュラル・タバコにメンソールを加えました」と、メンソール成分を煙草葉に加えている旨が説明されているのです。

 しかしながら、Tar1mgのメンソールシガレットとなっても、律儀にブランドの特徴であるキューバリーフは引き続きブレンドされている様子。

Che One Menthol 脳天チョンパ回避アビリティなボックスの仕掛けも健在で、面白味があると同時にチェ・ゲバラという御仁への思いやりが窺える仕掛けでもありますね。このチェというブランドの製造国はルクセンブルク大公国とのことですが、中々に丁寧な国民気質なのかな。ユーザビリティは少し下がっていますけれど。

Che One Menthol Che One Menthol

 私が今まで見てきたチェの中包装紙は漏れ無く無地の銀紙だったのですが、このワン・メンソールはチェ・ゲバラのサインである「che」がリピートでデザインされていました。パッケージカラーリングとも相まってか、とってもポップな印象なのです。

 仕様の方はというと、フィルターチップはシンプルなホワイトカラーのものとなっていて、シルバーのラインとグリーンのサインがワンポイントのように配されています。空気穴は小さいものがビッシリと4列で敷き詰められ、やや量が多めな印象かな。この煙草はメンソール製品であるために、チェの特徴である「天然ヤシのチャコールを使用したフィルター」は使用されず、一般的なプレーンフィルターが使用されているようですね。

喫煙の感想・味・香り

 この煙草は、とっても実直なTar1mgメンソールシガレットとなっているのです。

 まずは、予想外にもパッケージ開封時のメンソールの香りは加減も強めで驚き。シガレットからもメンソール香りがしますが、こちらは比べて大人しい印象の加減であり、同時にチェらしい煙草はの香りも控え目に感じられます。全体的に香りは控え目な印象のシガレットとなっているのです。

 喫味の方は、意外とメンソールの清涼感は強めで中々にスースー&ヒリヒリな感じかな。味わい的にはメンソールらしい苦味や青臭さに煙草感と傾倒していて、全体的にチェらしい甘味や華やかさは控え目。かなり苦味と青臭さが強めなバランス感のメンソールテイストですね。真っ先に比べるところと言えば、やはりアメリカン・スピリットのメンソール・ONEかと思いますが、それと比べると煙量も不自由しないTar1mg相応か以上の範疇となっているため、吸い応えは上々なのです。

 また、味わいと煙量ともに濃いめなのですが、グリーン・メンソールのようにフルーティーな感じはありません。かと言ってブラック・メンソールのような重厚感も無くで、至ってスタンダードな範疇に収まっている古典的メンソールテイストは面白味にこそ欠くかも知れませんね。ただし、傾向としては苦味のプッシュされたバランス感なんかにブラック・メンソールと通ずるものを感じますので、意外にもパワフルな印象の味わいです。とっても王道なメンソールテイストは、ものすごく安心感を覚えるような仕上がりに魅せる煙草となっているのです。

 総じて、無添加云々さておき、かなり実直なメンソールシガレットとして出来上がっているため、特に好き嫌いも無いだろう安定感があります。やや青臭さの強さがイマドキの嗜好性においてイレギュラーではあるため、強いて言うなら、あえてソレを好みに選ぶような感じかな。ちょっと古臭くて硬派な味わいのメンソールテイストをTar1mgで楽しみたいのであれば、これの右に出るものも少ないのではないでしょうか。

Nutrition Facts
Serving Size: 1 Cigarette
Tar1mg Nicotine0.1mg
Strictly No Taking. Don’t smoke until you are 20 years old.lol


▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「OTHER Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る