Lucky Strike Expert Menthol 8 を吸ってみた

喫煙に関する内容を含みます


 概要:紙巻「ラッキーストライク・エキスパート・メンソール・8」の喫煙感想



 スタンダードラインナップとは異なり低価格が最大の武器となっているシリーズに加わったメンソールタイプ。紙巻「ラッキーストライク・エキスパート・メンソール・8」を吸ってみた。


 ラッキーストライクと言えば、マールボロなどと並び洋モクの代表的銘柄として有名ですよね。アメリカを代表する歴史上の象徴的なアイテムとしても頻出し、洋画に漫画に他色々と、様々な作品にも登場していたりします。

 また、とても歴の長いブランドであるがゆえに、曰くや変遷も多く持つ煙草でもあります。そのあたりの真偽は別として、話のネタとして親しまれているのではないでしょうか。

 そして、そんなラッキーストライクの低価格シリーズとして近年ラインナップされたエキスパートシリーズです。そのエキスパートシリーズに遅れてラインナップされたメンソールシガレットということですね。

 先にリリースされているノンメンソールとは異なり、このメンソールタイプはTar8mg/Tar5mgというメンソールの定石といったような内容となっています。ノンメンソールと同様にウルトラライトタイプやTar1mgといった部分までフォローしていない点が気がかりかも知れませんが、やはり他の自社ブランドを擁護したかたちと思えるところでしょう。

 ちなみに、ざっくりとした特徴としては、やはりリーズナブルな価格設定という点に尽きるのかなと思います。メーカーは「まろやかなバージニア葉と香り高いバーレー葉のブレンド」などと謳っていますが、これはテンプレートのような文句ですから。

 あと、この煙草の銘柄は「エキスパート・メンソール」となっていて、ノンメンソールのように「エキスパートカット」とはなっていません。このメンソールの方は通常よりも煙草葉の刻みが細かいエキスパートカットを採用しているとも謳われていないので、製品的な都合かコストカットの都合かは知りませんが、刻みはオーソドックスなのかも知れませんね。




 パッケージデザインは、そのままノンメンソールのエキスパート・カットに倣うものとなっていますね。特に目立ってメンソールであることが表記されているわけではないのですが、メンソール銘柄らしいカラーリングなので、一目でメンソール銘柄だと判断できることでしょう。

 あと、パッケージのフリップトップ部分にはラッキーストライクというブランドが西暦1871年に始まったことが記されています。




 シガレットデザインも、至ってスタンダードな感じですね。今どきは凝ったデザインのシガレットも多いので、むしろ特徴的とすら思えるかも知れません。

 メンソールシガレットらしくフィルターはプレーン仕様で、チップには空気穴が列という内容となっています。


味・香りについて感想


 この煙草は、エキスパートシリーズらしく吸いやすさに徹したようなメンソールシガレットとなっているのです。

 まず、シガレットの香りですが、メンソールというよりもミント感といったような香りとなっていますね。メンソール的な清涼感というよりも、ミントのような植物的な優しい香りとなっているのです。

 味わいとしては、いわゆる王道的にBATらしいメンソール感が楽しめるメンソールシガレットとなっています。やや酸味がちではあるものの、ほんのりとメンソールシガレットらしい甘さが心地の良い煙草なのです。

 シガレットの香りからも想像の通りに、間違っても強メンソールというキャラクターではなく、どちらかと言うと穏やかでオールドライクな塩梅のメンソール感となっています。しかしながら、清涼感も必要十分で、適度に喫味を軽くしていて非常に喫しやすい煙草と言えるでしょう。

 苦みや辛みというものも無いですしね。

 この煙草は非常にスムースで、メンソールも刺激は無くミント感と軽快さを付与するに留められています。よく言えば誰でも取っ付き良く喫することが出来そうな半面で、嗜好品的な面白さという点には欠くかも知れませんね。

 まぁ、この点は良くも悪くもエキスパートシリーズの特徴と言えるのでしょう。

 そう。この煙草もラッキーストライクでありながら、実際のところはラッキーストライクではなく、ラッキーストライクのエキスパートシリーズなのですね。価格こそリーズナブルですが、とても癖の無いスムースなメンソールシガレットなので、スタンダードなラッキーストライクのメンソールシガレットよりも上質と感じる方も多そうな印象なのです。

 総じて、どこを切り取ってもラッキーストライクらしくはないものの、非常にラッキーストライクのエキスパートシリーズらしいメンソールシガレットといったところです。メンソールは適度なミント感という程度に留められていて、味わいというよりも吸い心地を軽くすることに徹しているような印象です。

 ただ、やや酸味がちな味わいはBATらしさなのか、この煙草でも確かに感じられます。その点が好き嫌いに影響しそうな唯一の点でしょうか。

 この酸味が他に目立つ個性の無い中で、どこか悪目立ちしてしまっているようにも思えるかも知れません。

 チョコ感の無い塩チョコ、のような感じとでも言いましょうか。相互作用となるべき相手がいない気持ち悪さを感じる瞬間が、私的に少し気になるところなのです。

 それでも、非常に万人向けの癖の無いメンソールシガレットという印象に変わりはありません。安かろう悪かろうという印象も全く無く、エキスパートシリーズらしい吸いやすさが上質と錯覚させてくれるはずですから。

 しかしまぁ、何か引っかかる煙草なのですよね。煙も吸い心地もスムースなのに、何だか気持ちに引っかかる煙草なのです。

 もしかすると、つまらなさ過ぎるのかな。

 ラッキーストライクの装いでありながらエキスパートでメンソールという、中身が全くの別物となっている点への違和感も強く作用しているのかも知れません。

 良い銘柄ですが、面白くはない。それが答えのように思えます。この煙草の良し悪しは、その喫煙者の志向性で大きく変わりそうです。

 あ、そうそう。スタンダードラインナップのメンソール・ライトが廃止銘柄となり、これを代替としようと考えている方は要注意です。それと比べて、こちらはミント寄りのメンソールテイストなので全くの別物といった印象を覚えました。

 ただ、至極スムースでありながら、メンソール・ライトと比べてメンソールが悪作用しているようなスカスカ感は無いので、そういった意味では上物と思えるかも知れません。

Nutrition Facts
Serving Size: 1 Cigarette
Tar14mg Nicotine1.2mg
Strictly No Taking. Don't smoke until you are 20 years old.lol


▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「BAT Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る