Cabin Super Mild Box を吸ってみた

Cabin Super Mild BoxInclude the following / 抽烟印象・喫煙の感想 / Smoking impressions / Табачные впечатлени

キャビンはTar5mgの中間的タールバリエーション。

「キャビン・スーパーマイルド・ボックス」を吸ってみた。

実は専売公社時代から続くというブランドで、中々に古い銘柄である日本たばこ産業の「キャビン」にラインナップされているタールバリエーションはTar5mgの煙草。

ちなみに、元祖のキャビン・スーパーマイルドは今のようにTar5mgではなく、Tar6mgだったのだそうな。

製品的な特徴としては、ラークの対抗商品として起こったブランドなだけに、それと同じく「チョコレート系の香料」が使用されていて、その上でキャビンは同社のハイライトと同じように「ラム酒」を併せて隠し味に用いているのだとか。

また、真っ赤なパッケージが特徴の一つとして定着していた高タール版の「赤キャビン」よろしくマイルドに対して、このスーパーマイルドは「青キャビン」と呼ばれるように、淡めのメタリックブルーカラーが印象的なパッケージでしたが、いつの間にかスーパーマイルドだけトレードカラーを捨てて「黒」に染まっていたりなんだり。

このパッケージへの変更に伴い「Vessel Black」なんて小洒落たカラーネームも割り振られたりしていますが、確かに以前までの青いパッケージ・・・、と言うか以前のキャビンのデザインって、お世辞にもカッコイイとは言い難いものでしたしね。

特に、青色のスーパーマイルドは一際にダサさが目立っていたと思っていたりしたのは、決して私だけではないはず。

ところで、私は黒色で「Vessel」なんて言われたら、十中八九でイメージするのは「軍艦」で、十中一二なら「コンテナ輸送船」なのです。

お洒落っ気もないどころか、何気に物騒な煙草だったりして。

Cabin Super Mild Boxライトシガレットながら、フィルターチップにはコルク柄のチップが使われているのです。

人気も減少中なコルク柄なのですが、それでも好きで選ぶ方も多そうなので、ライトでコルクな組み合わせは中々に貴重な存在なのではないでしょうか。

そして、やはりというのか空気穴は肉眼では確認が出来ず、フィルターにはチャコールフィルターが充てられています。


喫煙の感想・味・香り

喫味の方は、やはりスーパーマイルドでも「空気穴の存在感が無い」という喫味のキャラクターを多分に感じることが出来るのです。

スーパーマイルドと謳うように、とっても優しい質感でマイルドな喫味は非常に吸い安さを覚えるものの、空気で薄まっていることとは少し違うような「薄いけれど薄くない」といった独特のマイルド感を演出しているのです。

多くのライトシガレットのように「空気で薄める」というよりも、香料の加減やフィルターの機能でガッツリと濾過しているような印象の喫味。

何かを混ぜて薄めているというよりも「濾して薄めた」ような感じは、ライトシガレット特有の紙臭さや刺々しい質感を排しているように思えて中々に好印象。

一つ上のタールバリエーションであるキャビン・マイルドと比べると、少しだけボディの硬さや質感にトゲっぽさを感じられるようになってはいるものの、それでも独特のマイルド感は踏襲されていて、この質感こそが非常に独特であり、キャビンの特徴の第一のように思えるのです。

味わいとしても空気感の無さがライトシガレットとしては良い方向に転じ、かなり甘さを含む香りが豊かでありながら、あくまで吸い心地はスーパーマイルドらしくと軽快にと言った感じで、独特ながらライトシガレットとして全てが上手く成り立っているのではないでしょうか。

総じて、競合ということでラークと比べてみても、同じようなタールクラスで展開されている製品同士ならば、明らかにキャビンの方が私的には好印象と思えるような煙草なのです。

あちらは、このクラスにもなると酸味が非常に目立つために味わいへ障っていますし、何より「空気を混ぜてまっせ」みたいな順当な薄まりのライト化となっているために、このキャビンの方が味わい甲斐を持てるような気がするのです。

ダサダサなパッケージというネガティブファクターも無くなった今、中々にフレンドリーな煙草に思えるのでした。


Tar5mg Nicotine0.4mg
Strictly Not Take. Don’t smoke until you are 20 years old.lol

▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「JT Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る