DJ Mix Strawberry を吸ってみた

喫煙に関する内容を含みます


 概要:紙巻「ディージェー・ミックス・ストロベリー(DJ Mix)」の喫煙感想



 これまたシガレットでは非常に珍しいイチゴのフレーバーの銘柄。紙巻「ディージェー・ミックス・ストロベリー(DJ Mix)」を吸ってみた。


 香港のDJ Tobacco Co., Ltd.という、奇抜なフレーバーシガレットを世に送り出すために1999年に設立された煙草メーカーによる煙草なのです。元から同社がラインナップしていたレモンフレーバーに加え、柘製作所という日本の輸入代理店の持ち込み企画により日本向けに開発されたストロベリーフレーバーなのですね。

 それこそリトルシガーではストロベリーフレーバーも珍しいものではないと思いますが、ことシガレットに関しては非常に珍しい印象ではないでしょうか。

 たぶん、ありそうでなかった、というものかと思います。

 ちなみに、DJ Tobacco Co., Ltd.の煙草ということで「DJ Mix」なのだと思います。メーカー名に冠されるDJというのは詳細も分かりませんが、いわゆるディスクジョッキーは関係ないかと思います。

 だから「自分、DJじゃないし」なんて気を使う必要はないわけですね。

 ちなみに「DJって何しているの?」とか「DJって必要なの?」と思う方も多いかと思います。何をする役割なのかは調べれば簡潔に知ることが出来ますし、その通りなのですが、必要かどうかとなると現在の技術環境では意見も色々ですよね。

 ただ、失礼を承知で言うと、DJには「本当にすごい技術屋としてのDJ」と「技術は平凡だけどセンスが評価されているプロディーサーとしてのDJ」と「大したことしてないのに、すごい風のDJ」がいます。すごいか、すごい風かは知っても特に良いことは無いので、何も疑問には思わず「へぇ~」くらいに受け止めておくことが良いでしょうね。

 あ、あと「ひたすら変態的なDJ」もいます。あるいみ神がかった、それこそDJの極みでしょう。

 あとね!意外とDJって見た目のせいか「変な人」というイメージが強い方も多いと思いますが、真剣にDJをしている人って、意外と根は哲学的で真面目な人が多いですよ。あくまで個人の感想ですが。

 まぁ、私的には、あまり関わりたくないところですが。



 何てこともない中包装紙ですが、何気にロゴマークはパッケージカラーに合わせて色が変えられているあたりには好印象なのです。ストロベリーということでピンク色なのです。

 あと、表面加工の影響か、ホームランバーの包装紙のような感じの包装紙となっているのです。




 フィルターチップのロゴも、しっかりとピンク色になっていますね。

 仕様としては、フレーバーシガレットらしくノンチャコールのプレーンフィルターが使用されていて、口元側に歯車状の溝切加工を施したフィルターを使用している点など、おおむね同ブランドのレモンフレーバーと同じとなっています。

 ただ、このストロベリーフレーバーでは、画像の通りフィルターにフレーバースレッドが仕込まれているのです。この仕掛けはDJ Mix の中でも、ストロベリーフレーバーならではのものとなっています。


味・香りについて感想


 この煙草は、思わず笑顔になってしまうくらい甘いストロベリーフレーバーが素敵な煙草となっているのです。

 ふと思うのですが、イチゴの香りって、嫌いな人とかいるのですかね。

 まず、シガレットの香りなのですが、これはもう開封せずともパッケージから漏れ漂っています。正しく苺、ストロベリーの香りですね。

 分かりやすく例えると、明治のアポロチョコレートのような苺の甘い香りで、ものすごく幸せな気分になれる香りなのです。火を点ける前から脳内に幸せ成分が分泌されます。癒されます。

 で、喫味の方なのですが、こちらもシガレットの香りの通りな喫味となっています。レモンのようにフレーバーの毛色が変わることもなく、グリーンアップルのようにメンソールが添加されているわけでもないので、ストレートにストロベリーフレーバーを楽しむことが出来ますね。

 しかも、ストロベリーフレーバーというのはリトルシガーでは王道的なフレーバーではありますが、それらとは異なり、再現度の高いストロベリーフレーバーとなっています。リトルシガーのストロベリーフレーバーは、ややチェリーフレーバーと差異が感じづらいところもありますし、何より濃厚な煙草感も同時に呈されるものが多いですからね。

 この煙草では、再現度の高いストロベリーフレーバーを、味わいとして楽しむことが出来るのです。

 ただし、その一方で、煙草感は非常に控えめといったところではあります。これは煙草ではなく、本当にストロベリーの香りを楽しみたい方に向いているという、諸刃の剣のような特性とも言えるでしょう。

 まぁ、この手の煙草に手を出してしまう場合というのは、煙草感よりもフレーバー感に一辺倒の方が嬉しいという方も多いと思うので、最大の特徴にしてメリットと言って良いでしょう。

 ただ、わりとフワッとしたイメージが強い味わいであるものの、DJ Mixらしい硬質な触感のフィルターによるのか、やや吸い込みに関してはタイトな印象です。その点が、やや味わいのイメージとギャップになってしまっているような感じはありますね。

 吸い込みにくさに反発するように、吸いこみを強くしてしまわないようには注意したいところでしょう。

 何はともあれ、中々のストロベリー感です。いちご100%。

 リトルシガーなどのようなストロベリーフレーバーとは一線を画す、正にストロベリーフレーバーといったところなので、あれらのストロベリーフレーバーのイメージしかない方は意識を改めることとなるでしょう。

 苺って、美味しいよね。

Nutrition Facts
Serving Size: 1 Cigarette
Tar7mg Nicotine0.6mg
Strictly No Taking. Don't smoke until you are 20 years old.lol


▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「Other Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る