Lucky Strike Expert Menthol 5 を吸ってみた

喫煙に関する内容を含みます


 概要:紙巻「ラッキーストライク・エキスパート・メンソール・5」の喫煙感想



 新たなラッキーストライクのメンソール銘柄としてラインナップされたシリーズのTar5mg。紙巻「ラッキーストライク・エキスパート・メンソール・5」を吸ってみた。


 唯一のラッキーストライクのメンソール銘柄であったメンソール・ライトが国内販売終了し、それの後釜のように登場したエキスパート・メンソールというシリーズ。先にノンメンソールでリリースされているエキスパートシリーズへラインナップされました。

 そのエキスパートシリーズは、スタンダードなラッキーストライクのラインナップと比べて少し安価な価格設定が最大の特徴となっているシリーズですね。ノンメンソールタイプは「エキスパート・カット」と冠し、細かな刻みによる味わいの向上を謳っていますが、一方でメンソールタイプでは冠することもなく謳われてもいないので、非実装なのかも知れません。

 また、メンソールに関しても流行りのように強メンソールとは謳わず、煙草の味わいと強調するといったような印象のメンソールを売りとしているようです。

 これらを踏まえると、同様にラッキーストライクではあるものの、その内容は全くスタンダードを踏襲しない別物という点も認識が必要な特徴と言えるでしょう。



 パッケージデザインは、ほとんどTar8mgと同じですね。少しだけメタリックグリーンが明るくなっていて、数字が5になっているだけです。最近は、こんな感じで大きな差異を設けない差分が流行りのような感じなのでしょうか。

 ここ最近は自動販売機も減ってきているようですし、これらが原因で買い間違えるということも少なくはなってきているでしょうけれど、気を付けたいところです。




 白色のフィルターチップにシンプルなラインとロゴを配してと、シガレットデザインもTar8mgと全く同じとなっています。Tar8mgと買い間違えを起こした場合、恐らく火を点けて喫するまで全く気が付かないでしょうね。

 ちなみに、仕様としてはメンソールシガレットらしくプレーンフィルターとなっていて、空気穴は中程度のものが間隔を広めに1列で配されています。

 この空気穴も、ぱっと見はTar8mgと大きな差が無いように見えます。


味・香りについて感想


 この煙草は、少し差異は感じるものの、順当にTar8mgの軽量版といった内容なっているのです。

 まず、やはりシガレットの香りは非常に穏やかで、メンソールというよりもミント感の強い香りである点もTar8mgと同様といった印象でした。この香りの時点で、あまりメンソールが強いタイプではないのだろうと察することでしょう。

 そして喫味の方ですが、やはりメンソールというよりもミントの味・香りのキャラクターが印象的なシガレットとなっています。清涼感は程々に、植物的なミントの味わいと、ほんのりとした甘さが心地の良い爽やかさの煙草ですね。

 メンソール感が弱いからか、Tar5mgのメンソールシガレットにしては思いのほか煙草感も感じられます。

 もちろん、エキスパートシリーズらしく苦味や辛味は無く、煙の質感も至ってスムースです。

 あ。でも、意外とTar5mgよりもTar8mgの方が煙の質感はシルキーかも知れません。Tar5mgは相応に空気を含むせいか少しスカスカ感が増して、それが少しのいがらっぽさに感じられなくもありません。

 まぁ、そうは言っても、非常にスムースな部類ではありますが。

 特に、このTar5mgではTar8mgで目立った酸味もライト化による影響か、ほぼ消え失せています。それゆえに、より喫しやすいメンソールシガレットという印象が強まっているかたちですね。

 ミント感が苦手な方は、低タール化に伴いミント感も相応に失せているTar5mgの方が向いているかも知れません。

 しかしまぁ、あまりTar8mgの酸味は良い感じではありませんでしたが、無いと無いで微妙にもの悲しい感じ印象の煙草なのです。このシリーズの場合はライト化しても、あまりメンソール感が目立っているというわけでもないですしね。

 良く言えば「すっきり・スムース・マイルド」かも知れませんが、ちょっとインパクトが弱すぎる味わいかも。これもでもかと言うほど徹底して喫煙開始から終了まで味わいが変わらない、非常に現代的志向の煙草となっている点も退屈と言えば退屈だったり。

 とは言え、標準的な燃焼速度なので、退屈と言うほど燃焼が遅いわけでもないのですけれど。

 ただ、ふわっと残る喫煙後の甘さはTar5mgならではです。意外と喫煙中よりも喫煙後の方が心地の良い煙草と思いました。これは雑味の無さゆえの恩恵でしょう。

 また、このエキスパート・メンソールは、紫煙の香りが少し独特と感じるところです。メンソール感というよりはミント感といった様相のテイストと相まって、紫煙も中々に甘い香りの仕上がりとなっています。

 どことなく着香系スイートシガーのような、人工的とも思える不思議な甘い香りなのです。

 総じて、楽しむというよりは、日常的に何も考えずに一服することが非常に向いている煙草のように思えました。喫味も後味まで淡泊傾向ですし、特に何と注視することは無く、さらっと一服するのに向いている煙草ですね。

 あと、気になるところとしては、Tar6mgのラッキーストライクのメンソール・ライトの代わりとなり得るかというところかと思います。しかしながら、この点に関しては賛否両論かも知れません。

 まず、喫味は全くの別物ですよね。そもそも狙いにいったようなキャラクターとはなっていないと感じさせます。

 好き好んでいた方には少し悪い言い方ですが、あちらは「スカスカのメンソールシガレット」といったようなメンソールシガレットでした。中途半端なメンソールは作用として喫味をスカスカにするに留まっていて、やや微妙な煙草と思わざるを得ないところだったのですね。

 このエキスパート・メンソールのTar5mgも、確かに軽快な吸い心地でメンソールも強くはありません。しかし、それで良く出来あがっているのです。

 何と言うのか、スカスカという印象ではなく、どちらかと言うと軽快な感じと言ったところですね。メンソール・ライトは軽量化の代償と言わんばかりに雑味や煙の刺々しさが目立つ煙草でしたが、こちらは正しく軽量化されているような仕上がりです。

 吸い心地という点では十分に代わりとなり得ると言えそうですが、あちらは中途半端なりにもメンソールらしい味わいであり、こちらはミント感が特徴となっている味わいです。その味わいの差異を受け入れられるかが、評価の分かれ目となることは確かでしょう。

 まぁ、ラッキーストライクという銘柄は、人が何だかんだ言ったとしても実際のところは味・香りというよりもブランドに対する価値観で選ぶ人が多いようにも思えますから。あんまり味・香りは関係ないのかな。

 何はともあれ、サムタイムとかフィリップモリスのメンソールとか、一癖あったミント系のメンソール銘柄も今や無くなってしまいましたし。メンソールによる刺激感が重視されてきた最近では、このミント感に寄ったメンソールシガレットは貴重かも知れません。

 エキスパートシリーズらしく、楽しくも面白くもないけれど、良い煙草。といったところなのでした。

Nutrition Facts
Serving Size: 1 Cigarette
Tar5mg Nicotine0.4mg
Strictly No Taking. Don't smoke until you are 20 years old.lol


▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「BAT Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る