Cabin Gold Wild 8 Box を吸ってみた

Cabin Gold Wild 8 BoxInclude the following / 抽烟印象・喫煙の感想 / Smoking impressions / Табачные впечатлени

X taste projectという企画でキャビンにラインナップされた高級志向な製品。

「キャビン・ゴールド・ワイルド・8・ボックス」を吸ってみた。

ウィンストン・キャスター・キャビンの連動企画は「X(cross) taste project」でキャビンにラインナップされた製品。

極細刻みの葉を使用したキャスターのゴールドシルクと、粗刻みの葉を使用したキャビンのゴールドワイルドが対でラインナップされたのですが、「あれ?ウィンストンは?」という野暮ったいことは気にいてはいけないらしいのです。

Cabin Gold Wild 8 Boxパッケージの背面にはプリントビニールで粗刻みの葉を使用していることをアピールしているのです。

パイプたばこなんかを嗜む人は「粗刻み」というものも親しみがあるかも知れませんが、紙巻党にとっては実感もイマイチなセールスコピーかも知れません。

インサーターによると、粗刻みだけではなく色々な工夫をしてキャビンの個性を引き立てている様子が窺えます。

Cabin Gold Wild 8 Box Cabin Gold Wild 8 Box

そのインサーターで謳われている「粗刻み+高温加熱処理=さらに香ばしく」という内容は、理由こそ全く分からないものの、理屈は何となく分かる気がする。

食べ物みたいな感じ? 

Cabin Gold Wild 8 Box中包装などの内装はキャスターのゴールドシリーズと同じく、嫌味の無いゴールドカラーで統一されているのです。

ただ、外箱の色合いとのコンビネーションなのか、キャスターのゴールドシリーズとは違い、何だか軽さの無い高級感で仰々しさが漂っていなくもなくも。

ところで、このパッケージの雰囲気って、少し「レスリースピーカー」っぽくないですか?

Cabin Gold Wild 8 Boxフィルターチップはキャビンらしくコルク柄ですが、レギュラーラインナップのキャビンとローストブレンドのデザインを足して2で割った用な感じのデザイン。

ちなみに、ローストブレンドとは逆方向にグラデーションが掛かっていますね。

そのグラデーションが中々の高級感を漂わせますが、コルクの柄との組み合わせでローストブレンドのようにノッペリとした印象はありません。

空気穴は小さいものが間隔を広めに1列で、フィルターはチャコールタイプ。


喫煙の感想・味・香り

この煙草は、吸い心地が穏やかなキャスターのゴールドシリーズとは打って変わって、中々にハードな吸い応えの喫味に仕上げられているのです。

ワイルドの謳い文句は伊達ではなく、それでいて丁寧でありながらワイルド。

粗野にワイルドを体現しているわけではないので、苦味や渋味といった雑味は全く感じられず、ダイレクト感のある喫味でワイルドを体現している点も非常に好印象。

どちらかと言えば、非常にフルーティーなテイストに仕上げられています。

そのフルーティー感が、まるでフィルターで濾過されていないかのごとくダイレクトに味わえるので、丁寧なのにワイルドに感じるところなのかも知れません。

これは、計算されたダメージジーンズが高価で売られている感じに近いですね。

フルーティーというと優しいイメージになりがちですが、かなりガッツとパンチの効いた喫味なので、そういった点では好き嫌いが分かれそうな喫味。

ガッツリ濃い口というか、ストレートなテイストが好きな方にはオススメなのです。

キャビンというより、ソフトパックのウィンストン・フィルターという製品が好きな方は絶対に気に入るはずです。

そのウィンストンは、大手が国内販売している中では唯一の純粋な洋モクであるからして、分かる人は分かると思いますが、これと比較するということで如何にストレートな味わいかが伝わればと思う次第。

Tar8mgのライト製品ながら輪郭のハッキリとした「ぼやけ」の無い喫味なので、テイストのパンチに限ればセブンスターやマールボロなどの高タール製品を軽く凌駕する点も、ワイルドを狙った製品と考えれば中々に優秀な出来だと思えますし。

あまりにストレートに迫ってくる喫味なので、私は少し吸い疲れを覚えてしまうほどです。

ちなみに、ゆっくりと丁寧に吸った時のフルーティー感がキャビンというよりもハイライトを彷彿とさせるような喫味に思えます。

喫煙後の鼻腔や口腔内に残る感じは、どう考えてもハイライトにしか思えません。

ウィンストンだハイライトだ言いましたが、どう転んでもキャビンが頭に浮かばない喫味ではありますが、それは元よりキャビンにワイルドな要素がないということなのだと思います。

このゴールドシリーズの舞台にされているキャビンにせよキャスターにせよ、包容力が高いというか、周りから囲むような喫味で、母性的かつ紳士的な喫味が特徴とも言える銘柄ですからね。

「スパーン!」とか「カツーン!」とか、そういうストレートに迫るようなサムライ感を持ち合わせているものではないのですよ。

取り分け、ゴールドシリーズでは懐の深さはキャスターの方に軍配が上がりそうですが、際立つキャラクターは確実にキャビンの方が勝っているのです。

分かりやすい表層のキャラクターだけ見ていたら、煙草なんて曖昧の塊は楽しめませんよ。


Tar8mg Nicotine0.7mg
Strictly Not Take. Don’t smoke until you are 20 years old.lol

▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「JT Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る