D-Spec R Side Slide Box を吸ってみた

D-Spec R Side Slide BoxInclude the following / 抽烟印象・喫煙の感想 / Smoking impressions / Табачные впечатлени

 個性淡白と見せかけて、色々と個性的な煙草の「レギュラー」と謳うTar5mg。

 「ディースペック・R・サイドスライド・ボックス」を吸ってみた。

 銘柄にも冠されている「サイドスライド・ボックス」という特殊なパッケージと、そんなパッケージにデカデカとデザインされた「R」の文字が印象的な煙草ですね。この”R”はRegularを示しているということで、他のバリエーションとしては”H”で示したHardと”C”で示したCool Mintがラインナップされています。

 発売当初は一般的なヒンジリッドボックスを採用した「アルファベット」という名称のブランドだったのですが、後にサイドスライドボックスというパッケージを採用し、さらにD-specを搭載した頃合いで名称を「アルファベット」から「ディースペック」へ切り替えたとか。中々の変遷を経た煙草なのですが、廃止となる最後の最後まで「地域限定販売」という扱いの銘柄であったため、知らない方も多い銘柄かも知れません。

 このブランドこそ「ディースペック」という名であるにも関わらず、世の中では「ディースペック」と言えば「マイルドセブン・ディースペック・スーパーライト・ボックス」を示すという感じになっている点からも認知度は低かったと察することが出来ます。たばこ屋さんで「ディースペック下さい」と注文すれば、間違いなく差し出してくれるのは先述のマイルドセブンですから。

 ちなみに、このシリーズは先にも少し述べた通り、この「R」を最後に廃止となっています。

D-Spec R Side Slide Box サイドスライド・ボックスと謳うパッケージはパッケージサイドに押し出し用の穴が設けられていて、そこからインナーボックスを押し出すような感じのパッケージとなっているのです。

 特に不便も無く、面白いパッケージですね。

 慣れないゆえに違和感は否めませんが、私的には中々に好みだったり。


喫煙の感想・味・香り

 この煙草は、仕様としてのD-specらしいと言えばいいのか、辛味にも似た粘りつくような甘味が特徴的な味わいの煙草で、吸い始めから吸い終わりまで起伏の無い喫味を挺してくれる様が中々に印象的だったと思います。今に思い返してみると、外見から中身まで、外観から本質まで、全てにおいてJTらしさが際立つ煙草だったように思うのです。

 余談ですが、このパッケージをデザインした佐藤直樹さん率いるAsylのウェブサイトでは、実際に出回ったのか試作品なのかは分かりませんが、ソフトパックの「ディースペック」を見ることが出来ます。

 ソフトパックだと印象も一味違う感じで、私としてはツボのパッケージだったり。


Tar5mg Nicotine0.5mg
Strictly Not Take. Don’t smoke until you are 20 years old.lol

▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「JT Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る