glo Kent Neo Sticks Citrus Fresh を吸ってみた

[✓] Include the following : Smoking impression

 概要:グロー「ケント・ネオスティック・シトラス・フレッシュ」の喫煙感想



 グロー専用のネオスティックは第二弾のメンソール&シトラスフレーバー。グロー「ケント・ネオスティック・シトラス・フレッシュ」を吸ってみた。


 グローの全国進出と並行して、そのグローの拠点でもある仙台で先行限定発売されていた銘柄の一つですね。しばらく仙台でのテスト販売が続くのかと思いきや、テスト販売を踏まえる銘柄にしては異例のスピードで全国進出となったのです。

 ちなみに、この煙草はシトラスフレーバーを採用したフレーバーメンソール製品となっています。さらに拡張されたネオスティックのラインナップですが、やはりメンソールに傾倒している印象は相変わらずですね。

 また、本製品は「glo:グロー」という加熱式電子タバコ専用の銘柄となっています。アイコスやプルームテックなどの他社製品との互換性はありませんので、とりあえずと「電子タバコ」で一緒くたになってしまっている方は気を付けて下さい。




 この煙草では「すっきり香るメンソール」と題し「タバコ本来のさわやかな味わいをもたらす何そうにも重なったフレッシュな風味」とパッケージにて紹介されています。ちょっと誤魔化されているというか、はぐらかされているというのか、要領を得ない内容であるようにも思えますね。




 相変わらず銘柄はボックス天面に小さな字で表示されるのみとなっています。その代わりにセロラップ外装に大きな字で製品特徴が記されているので問題は特にありませんが、お店で注文する時に「すっきり香るメンソールください」とは少し恥ずかしい気もしますよね。

 ちなみに、パッケージの表示によると柑橘類の果実や果汁は使用していないそうです。いわゆる「果汁0%シトラス味」なのです。




 インナーやシガレットも、これまでのネオスティック銘柄に倣うバリエーションとなっていますね。アイコスのヒートスティックと比べると、かなり一般的なシガレットに近いデザインかと思います。



 また、ジェットフィルター仕様となっています。

 ただし、基本的にフィルターとして機能している部分はシガレット全長の内の5mm程度であり、実際のところはシガレットの半分程度が中空という非常に特殊なシガレットとなっているのです。


[✓] 喫煙の感想・味・香り

 この煙草は、どちらかと言うと「スッキリっぽい」という印象の煙草となっているのです。

 まず、シガレットの香りなのですが、これは何となくシトラスというも遠からず近からずというのか、どことなくレモンの果皮を思わせるような香りですね。メンソールの青臭い香りが目立つからでしょうか、あまり爽やかな印象はありません。

 喫味の方も、何だか不思議な味わいとなっています。シトラスというには再現度が低いというのか、あまりシトラスという印象は覚えませんね。どこに柑橘がいるのか、そもそも他の加熱式電子タバコ銘柄と同様に「加熱式電子タバコ感」がフレーバーを大きく上回っているのです。

 バニラのキャラクターを漂わせながら、その実はバニラが味わいとして存在しなかったスムース・フレッシュと似たような感じですね。結局のところ「やっぱり、こんな感じか」といった印象を強く覚えるかも知れない内容にデジャブ感なのです。

 ただし、個性は発揮していると思われます。おおよそシトラスとは思えないものの柑橘の果皮のような苦味のはしる味わいは、なるほど「すっきり香るメンソール」を体現しようとしていることは何となく分かりますから。

 でもね、やっぱり加熱式電子タバコの「あの味わい」が、この煙草で体現しようとした「すっきり香る」の邪魔をしているのですよね。そもそも無理があったのではないかとすら思えるところでしょう。

 ちなみに、わりとメンソール感の強いものばかりという加熱式電子タバコにしては、メンソール感は控え目です。香りに重きを置きたかったのだなと開発者のバランス感覚を窺うことが出来るのです。

 総じて、あまりシトラスだのスッキリだのという手前看板で期待をして進入すると「やっぱり居抜きの新店だから前と雰囲気が似てるよね」のような感想となります。結局のところグローの個性というか、加熱式電子タバコらしい味わいが強いのでシトラスやスッキリといった印象は薄いものとなるかも知れません。

 芳香剤的な印象が強い味わいであることも、好き嫌いが別れそうですね。

 何と言うのか、やはり加熱式電子タバコは技術的に発展途上というのか、まだまだ嗜好品として乗り越えるべき課題を多く残しているということを確信したのでした。

 と言うより、煙草会社による加熱式電子タバコだから仕方も無いのかも知れませんが、やや紙巻の感覚を引きずり過ぎですよね。それこそ「紙巻で言うところのアレだよね」とならない新ジャンルを、これら加熱式電子タバコは紙巻と切り離して企画開発した方が良いのではと思ってしまいます。

Nutrition Facts
Serving Size: 1 Cigarette
Tar---mg Nicotine---mg
Strictly No Taking. Don't smoke until you are 20 years old.lol


▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「E-Cigarette Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る