glo Kent Neo Sticks Mint Boost を吸ってみた

[✓] Include the following : Smoking impression

 概要:グロー「ケント・ネオスティック・ミント・ブースト」の喫煙感想



 電子タバコでは初となるカプセル搭載のグロー専用ネオスティック。グロー「ケント・ネオスティック・ミント・ブースト」を吸ってみた。


 紙巻ではポピュラーとなったカプセルですが、ついに電子タバコでもポピュラー化への動きが始まりましたね。これはグローのネオスティックにラインナップされた2種類のカプセル搭載メンソール銘柄のうちの一つで、ミントフレーバーのカプセルを搭載した煙草なのです。

 ちなみに、メンソールとミントって何か違うのという疑問ですが、ミントは植物であり、メンソールは成分です。パフェなどに乗っかっている緑色の葉っぱは「ミント」で、ヴェポラップなどのスースーするアレは「メンソール」という成分によるものですね。

 要するに、この煙草はメンソール銘柄なので多くと同じようにスースーして、さらにミントのようなフレーバーを付加しているということなのでしょう。




 BATのカプセル銘柄らしく、電源スイッチのようなマークが目印となっています。他の要素は従来のネオスティック銘柄に倣う内容ののデザインとなっているのです。

 また、パッケージ背面には「カプセルをつぶして、ひんやりミントの冷たい刺激を。」という内容で製品紹介されています。カプセルは味わいのためというよりも、冷涼感のために一役を買っているような印象の紹介文ですね。



 あと、ベリー・ブーストと同様に、やはりフリップトップの内側には「OPTION 2」というテキストが重複してレイアウトされていました。

 これ、ほんと、どういうことを伝えたいのでしょうか。




 シガレットデザインも他のネオスティック銘柄と大差はありませんね。カプセルを搭載している位置にポジションマークがレイアウトされているので、シガレットをグローへ差し込む前にパキッと押し潰してあげましょう。

 あ、そうそう。カプセルを潰すのはグローに差し込む前か差し込んだ後なのか疑問に思う方もいるかと思いますが、カプセルは差し込む前に潰してしまう方が良いと思いますよ。

 何故かって。そりゃあ、あんた、やってみれば分かりますよ。差し込んだ後だとマージンが足りなくて潰しにくいことこの上ないですから。ただでさえ極細巻きと分厚いフィルターチップというコンビネーションで潰しにくいというのに、わざわざマゾヒズムを選ぶ必要は無いでしょうに。


[✓] 喫煙の感想・味・香り

 この煙草は、なるほど確かにミントなフレーバーだと思う煙草となっているのです。

 どことなく紙巻のエス・シリーズのミントを想起させるところもあり、それと似たようにフレーバらしいというフレーバー感は印象として覚えませんね。もちろん、カプセルを潰して喫しての話です。

 しかしながら、確かにメンソールという表現とは異なる「ミント感」がフレーバーとして感じられる味わいとなっているのです。ひんやりとする冷涼感が印象的な、それこそクールミントガムのようなフレーバーを楽しむことが出来ますね。

 同時リリースのベリー・ブーストと同様に、カプセルによる恩恵か従来のネオスティックのようなメンソールの苦みや青臭さは控えめとなっているので、比べて取っ付きが良いと思えます。その苦みや青臭さが控えめであるために、この煙草は「ひんやり感」やミントの味わいが特徴的と思えるほど前面に押し出されているバランスとなっているのです。

 また、すぐに味・香りが失速する印象の強いグローのネオスティックにしては、従来の銘柄と比べて味・香りが持続しているという印象もベリー・ブーストと同感となっています。

 メンソールフリークは気になってしまうだろう「メンソールの強さ」に関してもですが、この煙草はメンソールの刺激というよりも、あくまで「ひんやり感」という冷涼感に特化したような煙草と思えます。メンソール感も十分に強いのですが、あくまで刺激と冷涼感を混同しないように要注意ですね。

 後味も、まるでクールミントガムを噛み終えた時のような感覚に浸れます。苦みや青臭さは残らず、それこそミントフレーバーは後味にて大きく感じることが出来るでしょう。

 総じて、あまりフレーバー系は好みではないけれど、メンソールは涼を取るように好きという方にとっては良い煙草なのかと思います。なるほどミントという、単なるメンソールとは異なる味わいの煙草となっていますから。

 ちなみに、カプセルを潰さないとベリー・ブーストと同様に微妙な感じなので、カプセルは潰して喫することが吉と思えました。

 インテンスリー・フレッシュにせよ、フレッシュ・ミックスにせよ、従来のネオスティックのメンソール銘柄は苦味と青臭さの強烈な喫味となっていますので、このミント・ブーストが最も癖を感じずに楽しめる印象ですね。刺激とは一味違う、ひんやり冷涼感が印象的な煙草なのでした。

 ベイパーは温かいのに、喫味は冷たい。何とも不思議な煙草なのです。

 受け入れがたい味が目立ちがちな直接加熱タイプの電子タバコ銘柄にしては、わりと良い線を行っている銘柄に思えましたよ。

Nutrition Facts
Serving Size: 1 Cigarette
Tar---mg Nicotine---mg
Strictly No Taking. Don't smoke until you are 20 years old.lol


▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「E-Cigarette Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る