Marlboro Clear 8 Box を吸ってみた

Marlboro Clear 8 Box

Include the following / 抽烟印象・喫煙の感想 / Smoking impressions / Табачные впечатлени

 マールボロらしからぬ特徴にて発売されたシリーズのTar8mg。

 「マールボロ・クリア・エイト・ボックス」を吸ってみた。

 マールボロのブラック・ゴールドの時と似たように「信じられないかもしれませんが、マールボロです。」というキャッチコピーを掲げるシリーズはクリアシリーズのTar8mgです。特徴として「癖の無い味わい」や「マールボロらしくない青色」と「ラウンドボックス」と「低臭気」などなど、色々な「マールボロらしくない」を携えて登場したシリーズなのです。

 また、具体的な特徴として「フリーズドライ製法」の葉を用いることによりスムースな吸い心地を実現しているそうなのです。これが食品と同じフリーズドライならば、極低温にて急速凍結させた煙草葉を真空状態において乾燥させているのかと思われます。それがどうして「スムースな吸い心地」に繋がるのかは知りませんが、確かに熱乾燥や風乾燥とは異なる性質の葉であるような気はしてきますね。

 もしかすると、保管状態が悪く乾燥してしまった煙草の味わいが嫌に薄いのと関係あったりするのかな。

Marlboro Clear 8 Box 何と言うか、JTのメビウスを意識していることは一目瞭然ですね。それでも背面の英文に目を凝らしてみると、フリーズドライの葉を用いた「ユニークな煙草」と謳っていることに気が付きます。煙草の葉に乾燥工程は大切なものですが、その中でも「フリーズドライ」という手法は非常に珍しいのでしょう。

Marlboro Clear 8 Box かなりメビウスを意識しているパッケージではありますが、さすがにクリックロックは搭載されていませんでした。あれこそ要らないと言えば要らない機能ですし、そこまで媚びる真似ると必要も無いですからね。ちょっとでも「クリックロックはあるかな?」と思った自分が少し滑稽だったりするのです。

 ちなみに、ターゲットはメビウスやケントなどの「スタンダード系を愛飲している層」という、まるでマールボロの個性を隠しているようなクリアシリーズです。このTar8mgだけだと分かりづらいのですが、タールバリエーションのTar6mgやTar3mgと並んでいる様は正しく「うわぁ、メビウスじゃん」みたいな感じなのです。

 多くに好かれているマールボロですが、一方では嫌われてもいるのであろうマールボロ。そんな嫌われていそうな点を「癖」として、その「癖」を無くせばマールボロは・・・?

 そういった段階試験的な一面が見えなくもないシリーズですね。

 また、この製品は同じくTar8mgで「癖の無い味わい」を謳い文句に発売されたマールボロ・ブラック・ゴールドと入れ替わるように発売されでいます。何となくブラック・ゴールドの後継製品といったような感じですが、やはり喫味や香りはブラック・ゴールドとは全く異なるとのこと。

 そう言えば、ブラック・ゴールドは「クセは無い、個性はあるか」-マールボロからの新しい提案 みたいなキャッチコピーで売りだされていましたね。みんな一様に感想は同じだと思うので私的感想は省くこととしましょう。

Marlboro Clear 8 Box 錯覚なのか分かりませんが、フィルターチップは青みがかっているような気がしなくもない不思議な色となっています。シガレット単品だけだと普通に白く見えるから、錯視なのかも知れませんね。空気穴は配置をランダムに多めな印象で、もちろんと言うようにフィルターにはチャコールが使用されています。

喫煙の感想・味・香り

 この煙草は、マールボロ特有のモッタリ感や「ぼやけ」が全く無く、比べると輪郭のある軽快な喫味となっています。かなり現代的な極スムース&マイルドなので、なるほど確かに「マールボロ?」みたいな煙草に仕上がっているのではないでしょうか。

 ただ、これが行き過ぎた気がしなくもないほどの「あっさり具合い」で、人によっては「味しない」とか「軽すぎ」みたいな意見も出てきそうなほどだったりするのです。それこそ野暮ったく吸うと嫌な質感にはならないものの味わいは薄くなりますが、丁寧に吸えば「ほんのりとした甘さ」を感じることが出来るのです。

 ちなみに「メビウスみたいなんでしょ?」といった意見も出てきそうですが、その点はメビウスみたいなヌメッとウェットな質感を感じないため「違う」と言えます。同じくTar8mgのメビウス・ライトの方が甘味を含む味わいも豊かで確実に吸い応えは上々と思えるでしょう。何というか、この煙草はマールボロやメビウスが云々というよりも少しドライな印象を受ける煙の質感はPRONEX仕様になる前のフィリップモリスを連想させますね。たまに顔を出す程好い甘味が現行のPRO-NEX仕様のフィリップモリスを連想させるので、どちらかと言えばフィリップモリスに似ているような気がします。今昔ハイブリッド・フィリップモリスと言ったところでしょうか。

 紫煙の方は特殊な巻紙で嫌な臭いを抑えているということですが、ほんの少しだけ甘さを含んでいて、従来のマールボロの香りとは全く異なるものとなっているのです。PM社で低臭気の特殊な巻紙というとPRONEX仕様のフィリップモリス銘柄のイメージが強く、どんなに強く甘い香りがするのだろうかと思っていたので、この点は良い塩梅。

 何だか、メビウスの影がヒシヒシと伝わってきてしまうために何もが交錯してしまいがちな点は少し残念に思えますね。そんなこんなで「これは嫌だ!」と声を大にして独り言を放つ人も多そうですが、意外と声にはしないけれど「好き」とする人も多そうな仕上がりなので中々に優秀なのです。

 というより、優秀すぎるのかな?

 ところで、よくよく考えて見れば、本よりグローバルなマールボロって非常に普通・THE・スタンダードなキャラクターであり、よっぽど極東発なメビウスの方が変なキャラクターの煙草だと思うのですよね。ということは、逆説的に「それら」に寄せていったクリアシリーズは変態銘柄と言えるのではないでしょうか。

 総じて、このクリアシリーズは喫味が非常に軽快なので、表示のタール数値よりワンランク下くらいの感覚で楽しめると思います。比べて優劣をつけるのであれば価格などのサイドファクターも込みで素直にメビウスの方が良いと思いますし、どっちと言う決め方をするのであれば日本たばこを嫌う以外に選択する理由は無いのではないかな、なんて思ったりもしました。嫌に淡白なスタンダードのマールボロと比べ、スッキリとマイルドな印象のクリアシリーズはマールボロが苦手でも取っ付きは良いはずです。

 と言うか、そうでなければ存在意義が危ういシリーズです。

Nutrition Facts
Serving Size: 1 Cigarette
Tar8mg Nicotine0.7mg
Strictly No Taking. Don’t smoke until you are 20 years old.lol


▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「PM Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る