MEVIUS を吸ってみた

MEVIUSInclude the following / 抽烟印象・喫煙の感想 / Smoking impressions / Табачные впечатлени

日本のトップブランドはオリジナルポジションのような銘柄。

 「メビウス」を吸ってみた。

セブンスターのマイルド志向な姉妹ブランドとして生まれた「マイルドセブン」という銘柄が、長きに渡って親しまれた名を改め「メビウス」となりリニューアルしたことは、その名と共に国内トップブランドであったこともあり中々の一大事でしたね。

ただし、それは海外展開やグローバル化を視野に入れた名称変更であると噂された通り、味わいや香りにキャラクター性などの基本要素はマイルドセブンより何ら変わらずなので、相変わらずの煙草となっています。

また、そんな数あるメビウスファミリーの中でもオリジナルのような存在であるTar10mgのメビウスは、他のタールバリエーションと同様にボックスタイプや100’sタイプも展開されてはいますが、それらよりもソフトパック仕様の方が人気も上々な様子。

このメビウスに限らず日本たばこ産業のブランドって、多くにソフトパックの方が高い人気傾向を見せている感じです。

ということで、何はさておき、そんな「ジャパンスタンダード」とも言える要素を多分に持ち合わせた煙草なのです。

MEVIUSマイルドセブンの頃より変更は無いと思われるフィルターチップのデザイン。

仕様の方も変わりは無いようで、空気穴は小さなものが間隔を広く1列で配され、チップにも記載の通りチャコールフィルターが使用されているのです。


喫煙の感想・味・香り

この煙草は、数あるメビウス銘柄のオリジナルということもあり、やはりメビウスらしさに際立ちを見せる煙草となっているのです。

まずはメビウスのシガレットの香りなのですが、これが程好い量感ながら他にはない中々に変わった香りなので、火を点ける前からスンスンと意外に楽しめたりします。

喫味の方も、やはり独特ですよね。

スムースな吸い心地や普及率から「普通」と表現されることも多い銘柄ではありますが、これが普通と称される日本の喫煙嗜好こそ、世界的には「異様」なのだと思います。

お陰でマールボロやラッキーストライクなどの世界的に「普通」な銘柄が奮わず、市場が解放されても欧州のように国内銘柄が負けることなく頑張れる一要因となっているわけですね。

その喫味は甘さが際立つ味わいとなっていて、柔らかながら香り高さが心地の良いもの。

苦味や渋味に酸味などは全く無く、甘さに香ばしさという美味しいところだけが呈される味わいは、普及率による普通なキャラクター性に埋もれがちですが、本来なら脱帽すべきクオリティに思えるのです。

パンチ感やキック感などのアタリが全く無いヌメッと滑らかな質感も非常に独創的で、スムースな吸い心地に拍車を掛けています。

Tar10mgと比べて高タールな仕様により吸い応えは上々ながら、絹のような質感の煙が相反するように吸いやすさを覚えさせてくれる、何とも良く出来た煙草。

たとえ強めに吸い込んで火種が赤くなろうが、それでも極端に崩れることは無い味わいの仕上がりは、一体どうなっているのでしょう。

よくよく考えて喫してみれば、これがスタンダードクオリティと言える日本の喫煙者は、度を越えて舌が肥えた贅沢者なのではないでしょうか。

良いよね、メビウス。

総じて、さりげなくパッケージにて「オリジナル」とアピールしているように、メビウスの個性を捉えやすい仕上がりとなっています。

一つ下のライトでも取り立てて味わいに大きなニュアンスの差異も無くメビウスらしさを楽しめますが、やはりTar10mgの方が質感にメビウスらしさが際立っているため、存在は揺るぎ無いものとなっているのです。

そんなスムースな吸い心地にスポットが当てられがちですが、やっぱりメビウスは、この甘さに際立つ香り高さが肝ですよね。

一通り巡り歩き、そこで気が付く良き煙草。

とっても素敵なのでした。


Tar10mg Nicotine0.8mg
Strictly Not Take. Don’t smoke until you are 20 years old.lol

▼あわせて他銘柄どうぞ▼
小目録「JT Products」へ戻る
大目録「TOBACCO」へ戻る